薬剤師の求人は高額報酬が掲示される場合が多い

薬剤師の求人は高額で募集されるケースが多いものです。大学で6年にわたって学んだ薬学に関する知識と、難関の国家資格の取得を保有する薬剤師の方は、殆どの募集広告で高待遇での記載が行われています。需要が高まっている薬剤師の方が転職を行う際には、効率的な活動を進めることが大切です。

ここでは、薬剤師の仕事内容と募集される業種、転職のコツや待遇面を解説していきます。

薬剤師を求める業界は増えている

薬剤師の方の就業先というと、医局での勤務をイメージする場合が多いでしょう。大学で6年にわたって学んだ薬学の知識やスキル、難しい国家資格の取得という、希少な存在でもある薬剤師の方は、病院などの医療機関以外でも幅広く求められている状況でもあります。

医療関係で勤務する薬剤師は、夜勤などの変則シフトがあったり、急患に対応したりといった、過酷な就業を強いられるケースも多いのが実状です。休日のプライベートの予定や、将来に向けたスキルアップのための学習など、自分のための時間を取れないことも珍しくありません。

薬剤に長けた人材の就業先は、医療関係機関以外にも多岐に亘っています。転職を考える方は、自身の将来に向けて有益なキャリアプランを積める道を選ぶのが良いでしょう。

高齢者向け施設での薬剤師の需要が高まっている

介護関連施設でも、薬剤師の需要は高まって来ています。医局勤務とは違い、介護関連施設では、規則正しい勤務を行えるものです。訪問介護やデイサービスなど、日中勤務が中心のケア業界では、定時で帰宅できることも珍しくありません。

不規則勤務が中心で自分の時間が思うように取れない医局勤務とは違い、介護の世界では、プライベートの予定も立てやすいのです。家族がいる方は、勤務時間が決まっている方が良いでしょう。介護福祉士が被介護者のケアを行う際には、医療的検知からの介助は行なえません。

薬剤に長けた人間が介助をサポートすることにより、体調の変化や病に陥った際の適切な対処ができるのです。介護施設で求められる薬剤師の方は高待遇で募集されるケースも珍しくありません。薬剤を扱う特殊なスキルに対して高い評価を与えているからです。

高齢化社会の浸透により、今後も薬剤に長けた人材の需要は高まっていきます。将来へのキャリアプランとして、介護業界への転職を検討するのも良いでしょう。

企業内で活躍する薬剤師も増えている

一般企業のなかでも、大手を中心に薬剤師を雇用するケースが増えています。

会社のなかで働く薬剤師というと、就業イメージが掴みにくい部分もあるでしょう。企業内勤務になりますから、社員同様の勤務時間で働く形となります。

定時で帰宅できるケースも多く、プライベートを充実させられるメリットもあります。少人数での勤務が多く、仕事内容が多岐に亘る部分はあります。社員の健康状態の管理、怪我や病気の際の対応など、幅広い対応が求められるのです。

会社が問題なく営業できるためには、社員が健康的に働けることが大切です。大企業を中心に、福利厚生の一貫として、薬剤師を社内に設置するケースは増えていく傾向があります。多くのオフィスビルは、通勤の利便性が高い地域にあるものです。

病院のように市街地に就業場所がある場合には、日々の通勤にも疲れてしまうことでしょう。駅から近い距離にあるオフィスビルであれば、雨天の日でも通いやすくなります。募集人数は少なめですが、特殊な資格を保持している薬剤師の方は、高額の報酬で採用される傾向が見られます。

医局勤務のように残業が多くはありませんが、会社の業績に連動したボーナスが掲示されるケースも少なくありません。

量販店での就業も薬剤師に増えて来ている

薬剤師を求める業界に、ドラッグストアなどの量販店があります。接客業での就業というと、医局での処方が中心の薬剤関連の方にはイメージが付きにくい部分もあるでしょう。街の薬局とも言われるドラッグストアにも、専門家に処方してくれることを望む方が訪ねてくるものです。

薬局のなかに薬剤師がいるだけで、来店する方も安心するのです。病院勤務と違い、薬局での勤務の場合には、病気を患っている方を相手にするとは限りません。日用品から食品に至るまで、豊富な商材が揃えられている店舗で就業することは、自分の幅を広げてくれることでしょう。

大手チェーンを中心に、薬剤の専門家を求める傾向は強まって来ています。接客の仕事に抵抗感がなく、商売に携わりたい方には良い就業先となるでしょう。店舗の売り上げに連動する部分はありますが、多くの量販店で高待遇での採用が行われています。

製薬会社で働く場合

製薬会社での薬剤師の仕事は、臨床試験への関与や、卸業者へ納品する際の検品など、業務が多岐に亘ります。新薬の開発に関わっていったり、投薬事例を早期に入手できたりと、薬学に関するスキルを高めたい方にとっては、良い就業環境になることでしょう。

患者への対応や、薬の販売とは違い、新しい薬に関する情報に触れることができるからです。長きにわたって、薬学の知識やスキルを高めていきたいと考える方は、製薬会社での就業を検討してみるのも良いでしょう。薬剤師の資格手当が付与されるケースは少ないですが、多くの製薬会社では、高い平均年収が掲示されています。

薬剤師の方が転職する際にはエージェントの活用が効率的

薬剤師の方が転職する際には、医薬系の専門サイトを活用するのが良いでしょう。

薬学に関する専門知識を保有する薬剤師の求人は、一般の求人サイトでは見受けられないものです。医薬系の専門サイトでは、独自のネットワークを保持している場合もあります。

自分が就業を考える勤務条件を伝えれば、スムーズに働き口を見つけられるのです。病院勤務の場合には、日頃の勤務が忙しいなどの理由により、考えるような転職活動を行えない場合も少なくありません。医薬業界へのネットワークが保持されている専門サイトを活用することで、時間や労力を掛ける必要もなく、希望の就業先を見つけられるのです。

医薬系専門サイトによっては、転職をサポートしてくれるエージェントが在籍しているケースもあります。転職活動が初めての方であっても、履歴書の書き方や、面談の進め方のような初歩的なことからアドバイスを行ってくれます。

初めての転職の方であっても、安心して活動を行えるのです。転職の際に年収アップを望むのであれば、転職エージェントの活用を考えるほうが良いでしょう。業界の事情に詳しい専門家を活用すれば、自分のスキルを最大限に評価してくれる就業先を見つけてくれるからです。

短時間勤務でも高待遇での就業が可能

薬剤師のような難関資格を持つ方は、アルバイトやパートのような短時間勤務であっても、高待遇で募集されています。家庭の事情により、フルタイムでの就業が難しい方の場合には、短時間勤務で働くことを考えてみるのも良いでしょう。

介護や子育てなどの理由により、キャリアにブランクが生じてしまった方であっても、短い時間からの就業であれば、問題なく働き始めることができるからです。資格とスキルを活用することで、短い時間であっても、高額の時給で働くことができるのです。

薬剤師を高待遇で募集する業界は多岐に亘る

薬剤師を求める業界は多岐に亘るものです。

大学で学んだ専門知識を有する薬剤師の方は、病院などの医局勤務だけではなく、幅広く求められている状況です。求人サイト上には、介護分野やドラッグストアなどの量販店、企業内勤務や製薬会社での就労など、多様な求人募集が見受けられます。

転職活動を行う際には、専任のエージェントが在籍している医薬系専門サイトを活用するのが良いでしょう。

参考元(東京都の薬剤師求人・転職・募集 | アポプラス薬剤師)